SEOって?

(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)はセオ」や「エスイーオー」といわれております。また、リスティング広告と合わせてSEMといわれております。

SEOの意義

SEOの意義は、検索エンジンにおいて上位表示させることにより、より多くの人に見てもらい、サイトの存在、サイトで紹介しているサービス、商品を知ってもらうことを一番に考えております。

そして、第二義的な効果としていつもキーワードの検索結果に表示させることでキーワードとサイトを意味づけ、ブランディングをはかります。

本格的にSEOに着手する
やはり業務でSEOに着手するとなれば、生半可な気持ちではなく売上につなげたいと思ってSEOをしている人が多い様です。以前と比較すると状況が厳しくなっており、SEOで思う様な順位になって、集客をスムーズに増やすという事は容易ではないそうです。

社内にSEOについて詳しい社員がいないけれど、本格的にSEOに着手したいという時には、プロが在籍している会社に頼んで対策を行ってもらうという事もできます。

売上が伸びない原因が集客以外の箇所にある場合には他の対策も必要だと思いますが、プロが行う事で、よりよい方向に進める可能性は高いのではないかという風に思います。

プロに頼むかどうかよく考えて答えを出したいですね。

費用の上限を考えたseo

いくらでも自由にseoに予算を使う事ができるのであれば、苦労しないかと思いますが、実際にはseoに使える予算には上限がある場合がほとんどでしょう。これからseoのサービスを利用するという時には、見積もりを出す事もできます。

またseoは成果報酬で行っている人もいるかと思われますが、結果が出た場合と出ていない場合の見積もりを出すと、実際にかかる費用はその間のどれかという事になります。

なかなかプランなどが決められないという場合には、seoに費やす事ができる費用の上限について、あらかじめ設定しておくと後になってから迷う事もなく、会社やサービス内容を決定しやすいという事が考えられます。

seoはソーシャルメディアにも効果があるのか

基本的に、seoはグーグルの検索エンジン上の話なので、ソーシャルサービスは無関係です。たとえば、ソーシャルサービスで大量にシェアされたからといって、グーグルの検索エンジン上でも上位に表示されるようになるということはないです。しかし、seoでは効果がなくても、SNSから飛んでくる人が増えれば単純にサイトの訪問者は増えることになります。

最近の手法としては、SNSを狙っていく手法も多いです。特に飲食店はSNSで流行ることを前提に一時的に奇抜なものを提供したりもしています。またサイトにSNSのリンクを貼るのは一般化しています。

seoを満たす要素とは

検索エンジン対策、俗にいうseoですが、検索結果が上位に来ていないと そのwebサイトは有って無いようなものだと言われます。 検索結果をみるのはせいぜい3ページぐらいだと言われます、 そのために上位に来るように努力するのですが、 検索エンジン会社はその対策をされると困る訳です。

なぜなら検索するユーザーに新鮮で内容豊富で便利な情報を提供出来なくなると もう検索は意味をなさなくなります。 キーワードを多用したりして検索にかかる要素を意図的にいれて 上位にきても、ユーザーが見てあまり意味の無いコンテンツに誘導され 時間を取るのは検索離れしますから困る訳です。

seoは全く必要ないとは言いませんが、そのwebサイトのコンテンツを充実させれば おのずと上位にくるように昨今の検索エンジンのアルゴリズムはそうなっているようです。 その検索結果が上位にくるアルゴリズム対策するなら上位にくる要素ばかり考えずに まずは、コンテンツの充実と新鮮な情報のスピードを提供してあげれば良い訳です。

パンダアップデートなどのアルゴリズムと共に存在するseo

あらゆるウェブサイトが存在している中、キーワード検索によるインターネット利用は非常に多く見受けられます。管理者や制作者によって対策が行われているSEOについては、検索結果として表示される順位に意識されており、広告マーケティングや収益アップなど、様々な効果に期待が寄せられています。

そんな中、インターネット環境が良質なものとして守られるためには、パンダアップデートなどのアルゴリズムの存在が重要でもあります。様々なアップデート方法が駆使されることによって、安心して利用できる環境づくりが実現されています。SEO対策はそれに応じて変化が必要です。

seo用語集:クローラーについて

今回説明する事になるseo用語のクローラーというのはロボット型検索エンジンがHTML文書だけでなく画像・PDFまで含む全てのWEB上のファイルを収集する為のプログラムの事です。

この機能によって収集されたデータがインデックス化される事によって巨大な検索データベースが構築されていく事になるのですが、これにはホームページ作成やホームページ制作が行われて新たなページが出来たとしても全てのWEBページを巡回出来る訳ではないという欠点がある物となっています。 その為seoを行っていく上ではクローラーがWEBサイト内を効率よく巡回しやすくする為の最適化が常に求められているのです。

チェック!

ホームページ制作とアフェリエイトについて。

ECサイト構築で店長になろう!